当社グループにおける
新型コロナウイルス感染症への対応についてINFORMATION

東名グループにおける
新型コロナウイルス感染症への対応について

2020年7月31日更新

東名グループでは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、お客様、お取引先様、従業員とその家族の安全確保・感染予防と感染拡大の防止・事業継続に向けた対応を進めてまいりました。今後も全ての関係者の安全確保と感染拡大の防止を最優先としつつ、お客様へのサービス提供の継続を進めてまいります。

なお、当社グループの対策として引き続き次のとおり対応してまいります。

  1. 健康管理
    • 業務中のマスク着用
    • 咳エチケット、手洗い、消毒の徹底
    • 消毒用アルコール剤の設置と除菌の徹底
    • 就業前に検温を実施し、発熱者は出社・外出を控える
  2. 勤務体制・出張・会議・イベント他
    • 時差出勤、通勤時間帯の分散を実施
    • 出張は原則禁止
    • 取引先を訪問する必要がある場合は、マスク着用を義務付け、混雑を避けての移動等、可能な限り安全に配慮する
    • 社内イベントの中止または延期
    • 社外イベントへの参加の自粛
    • 集団行動および夜間の外出自粛
    • 「3つの密」を回避した行動の呼びかけ
  3. 来訪されるお客様へのお願い
    • 感染防止の観点から、ご来訪の自粛をお願いしております。電話・メール・TV会議等をご検討ください。

東名グループは、通信インフラ事業者としての責務を認識しつつ、お客様、お取引先様、従業員とその家族の安全確保を優先し、政府機関の要請や方針も踏まえ、今後も迅速および柔軟に対応してまいります。
何卒、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

以上